情報分析教育を評価する方法とは

 情報分析教育とは、目的に合わせて情報を分析することを教えることです。
自分の目的に合わせて情報を分析できることによって、物事に対して的確な判断ができるようになります。
 情報化社会において、私たちは大量の情報に接します。
その結果、私たちの判断する能力は落ちているのです。
情報分析をしっかりと教えることによって、私たちは判断力を取り戻すことができます。
 では、情報分析教育を評価するには、何に着目すればいいのでしょうか。
まず目的を的確に決められるような指導をしているかに、注目します。
次に分析すべき情報の選別を、教える側で適切に行えているかを見ます。
あえて情報不足にしてそれに気づかせたり、その欠けたピースから分析をさせて最適な決断を下させたりといったこともありえます。
最後に情報分析の過程や分析結果からの判断に対して、適切なフィードバックをできているかを評価します。
 それら3つの要素を評価することによって、情報分析教育が適切かどうか判断できます。