感性を教育の評価に取りれる重要性とは

一般的に教育に対する評価と言うのは、問題を与え答えを出して点数によって判断をする事が一般的です。
この様な内容を教刷術とも言われ、脳を白い紙として印刷機にかける様に刷り込む方法に対する評価になってしまいます。
世の中には、問題が沢山ある事がありますが、必ず答えがある訳では無く、問題に対する答えは一つとは限りません。
教刷術的な内容では、問題が提示されている内容として前提がありますが、問題その物を見つけ出す観察力に対する力を見失ってしまう可能性があります。
頭の賢い人とは、秀才と天才に分かれますが、秀才は、知識は豊富にあり、天才は、無から生み出す力などの直感力を必要とする場合があります。
現在の教育内容の中には、経済活動に必要性が低いと解釈を行う人達の発言によって、音楽や工作の時間が削れていると言われています。
感性を豊かにするための、教育を取り入れていかない限り、既在の知識を集めるだけの評価であれば日本の発展の成長に限界が現れるとも言えまして、この様な内容について多くの方が知って行く事が大切です。